池袋・練馬|大学受験の個別指導塾・予備校|武田塾池袋校

日本初!授業をしない、個別指導で大学受験突破を目指す逆転合格専門塾  東大・京大・早慶・国公立医学部に奇跡的な逆転合格を続出させる武田塾池袋校のブログです。普通の予備校や個別指導塾では難しい、偏差値を急激にあげるヒントが詰まっています。

こんにちは、武田塾池袋校です。

今日は立教大学経済学部
国語の出題分析と対策をまとめてみたいと思います。

★出題傾向
・例年大問数3題の出題。
・出題は現代文2題、古文1題の傾向。
・解答方式はマークシートと、記述問題の併用。
・試験時間は75分。
・現代文では、評論が2題出題されるパターンが多いが、評論1題・随筆1題となった年度も。
・評論は文化・社会・言語・歴史・哲学・芸術など多彩なテーマでの出題。文章の難易度は様々。設問は、内容把握に関するものが多く、内容真偽が頻出問題。
・古文は、中古・中世の作品からの出題が比較的多い。
・古文の設問は口語訳・人物指摘・内容説明など、読解力を問う典型的な問題。


★対策
・評論からの出題が多いので、問題集に加えて、新聞や雑誌の文化欄に載っている評論や論説を読んでおくことが大切。

・文脈を正確に読み取ることを心がけ、設問趣旨の把握、傍線部分析、本文中にある答えの発見、各選択肢文の答えのチェック等をどんな問題でも怠らないよう注意。

古文は基礎的な内容を問われることが多い。 基本単語を覚えて語彙を増やしておくこと。

・文章読解は、重要古語を確かめながら、主語述語・目的語、助詞・助動詞の活用に注意。


★立教大学の他学部・科目の対策を知りたい!こちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
武田塾池袋校では無料受験相談を行っています。
一人ひとり大切に相談させて頂く為に
完全予約制です。
それぞれ皆さんが思っている受験への不安を一緒に考えましょう。
無料受験相談を希望される方は
こちらまで
池袋校

池袋初!逆転合格専門塾【武田塾池袋校】
〒171-0022 
東京都豊島区南池袋3-16-8 
近代グループビルNO.6-7F
(池袋駅から徒歩4分)
TEL:0120-788-711
Mail:ikebukuro@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ