皆さん、こんにちは!
 
池袋の大学受験専門個別指導予備校の武田塾池袋校です。

本日は、2014年に 
「大学入試シリーズ」(通称“赤本”)でおなじみの教学社が発売し始めた赤本ノート」について紹介します。
赤本ノート

赤本ノートって何?
 赤本ノートは、埋めるだけで入試傾向を把握することができ、一人ひとりに合った対策可能な学習ノートです。
赤本ノート中身

上記の写真の右のページのフォームを埋めるだけで、傾向を把握することができ、自分の弱点・苦手な部分を明確にすることが出来ます。
過去問を有効活用するには、このノートを利用することをオススメします。

ノートの種類
「センター試験用」と「個別試験用」の2種類。

赤本ノートの使い方
 ノートは見開き構成になっている。
左のページで問題を解きます。右のページで傾向分析や自分の弱点を見つける作業をします。
「センター試験用」の場合、左のページは全科目に対応出来るマークシートの解答用紙になっている。

「個別試験用」では、左のページはどんな形式の試験でも対応出来る方眼タイプのノートになっています。
小論文や論述問題をする人でも使いやすい構成になっている。

多くの受験生は自己流で過去問分析をしている人も多いのではないでしょうか。
赤本ノートを使って、自分の志望校の過去問をよく知り、対策していくのも一つだと思います。
気になった方は、是非一冊買って使ってみてはいかがでしょうか?