こんにちは、武田塾池袋校の阿部です。

受験生の皆さんはもうすぐ入試本番ですが、悔いの残らないように最後まで一生懸命やって、 合格を掴みとってほしいと思います。

さて、今回は受験学年というよりは、高校1、2年生向けの記事となります。まだ受験は先だと思っている皆さんに受験勉強のやり方というものを分かりやすく伝えていこうと思いますので、少々お付き合いください。

皆さんの中には、受験勉強なんてまだ早いと考えている人もいるかもしれません。しかし、そんなことはないのです。

ある予備校のデータによると、難関大合格者の約70%が高校二年生の段階で受験勉強を始めています。さらに細かく見ると、1年生で受験勉強を始めた人の割合が29.1%、2年生からが40.8%というデータとなっています。

かくいう私も高校二年生の夏休みから受験勉強を開始しています。早いスタートがいかに重要かが分かってもらえたと思います。


さあ、それじゃあ受験勉強を始めようかなという気持ちになったはいいものの、なにをしたらいいのかわからないという方が多いと思います。その説明を今回は「現代文」というテーマでしていこうとおもいます。


現代文という科目の性質上、勉強のやり方が分からないという人は多いと思います。

言葉が難しいし、何言ってるのかよくわかんないし、先天的なセンス がないとできないと思われている科目です。

しかし、勉強法はもちろんあります。具体的な話をしましょう。

まずは、現代文も英語や古文とおなじく、単語を暗記しましょう。いくら日本語だからと言っても、文章である以上は言葉が分からないとどうしようもありません。

皆さんの中には日本語をどうしてわざわざ勉強するの?という人も多いと思いますが、現代文で使われる言葉は普段の我々の生活のなかではあまり使われず、なじみの薄いものが多いです。

例えば、形而上、形而下、鷹揚、怯懦、居丈高などといった日本語を知っていますか?これらはある現代文の参考書に載っている言葉です。

知っているという人は、基礎力がかなりあるので単語の勉強をする必要はありませんが、知らない方は多かったと思います。これらの言葉は現代文では普通に見ることのあるものです。

知らないものは勉強すれば良いだけの話です。お勧めの参考書としては、国語力に自信のない人は河合出版の「ことばはちからダ!現代文キーワード」、語彙力には自信があるけど現代文の単語まではよくわからないという人はZ会出版の「現代文キーワード読解」を挙げておきます。

それらで単語を暗記したら、つぎはいよいよ読解ですが、やさしめの文章から解いていきましょう。

まずは代々木ライブラリーの「田村のやさしく語る現代文」で読解の基本を学びます。

その後は武田塾のルートにそって進めていってください。

マーチレベルと設定されている参考書なのですが、駿台文庫の「現代文読解力の開発講座」は読解について細かく説明してくれており、必ず役に立つのでセンターしか現代文はうけないけど現代文の読解方法が分からないという方にもお勧めしたいです。

現代文もルートにそってしっかりと基礎から固めていけば必ず点が取れる科目です。

センスという言葉で逃げないで、がんばって取り組みましょう。