こんにちは、武田塾池袋校の阿部です。

受験生の皆さんはもうすぐ入試本番ですが、悔いの残らないように最後まで一生懸命やって、 合格を掴みとってほしいと思います。

さて、今回は受験学年というよりは、高校1、2年生向けの記事となります。まだ受験は先だと思っている皆さんに受験勉強のやり方というものを分かりやすく伝えていこうと思いますので、少々お付き合いください。

皆さんの中には、受験勉強なんてまだ早いと考えている人もいるかもしれません。しかし、そんなことはないのです。

ある予備校のデータによると、難関大合格者の約70%が高校二年生の段階で受験勉強を始めています。さらに細かく見ると、1年生で受験勉強を始めた人の割合が29.1%、2年生からが40.8%というデータとなっています。

かくいう私も高校二年生の夏休みから受験勉強を開始しています。早いスタートがいかに重要かが分かってもらえたと思います。


さあ、それじゃあ受験勉強を始めようかなという気持ちになったはいいものの、なにをしたらいいのかわからないという方が多いと思います。その説明を今回は「英語」というテーマでしていこうと思います。


受験で一番重要な科目は何ですかと聞かれたらそれは間違いなく英語です。

一番時間がかかるうえに、配点も他の科目より高いことがほとんどです。

そのため、英語が苦手な生徒は多いです。なので得意科目にできれば他の受験生よりも有利になる事は間違いありません。

英語という科目は裏切らないです。我慢してやり続けると、ある日突然花開く科目ですので、その第一歩を踏み出しましょう!


英語という科目の基礎、土台となり、英語力に直結するのがやはり英単語でしょう。何百回と繰り返していく参考書ですのでまずは英単語から始めましょう。 

おすすめは駿台文庫の「システム英単語」ですが、旺文社の「ターゲット1900」やZ会出版の「速読英単語」でも可です。自分の気に入った単語帳をボロボロになるまで使い込みましょう。


単語と並行して文法も進めていきましょう。講義系の参考書を読み、問題集で演習を繰り返していけばよいです。

講義系の参考書としては、東進ブックスの「大岩のいちばんはじめの英文法」や中継出版の「世界一わかりやすい英文法・語法」などがおすすめです。


問題集は桐原書店の「ネクステ―ジ」「ビンテージ」、難関大志望の人は「頻出英文法・語法1000」などを使うといいと思います。


単語と文法がある程度理解できてきたら次は構文です。長文読解で躓かないためにしっかりと学ぶ必要があります。


初学者は代々木ライブラリーの「英文読解入門 基本はここだ!」から始めると良いと思いますが、ある程度英語を学校などで学んだことがある人は桐原書店の「入門英文解釈の技術70」から始めることをお勧めします。


また、マーチレベル志望の人は桐原書店の「基礎英文解釈の技術100」、早慶レベル志望の人は代々木ライブラリーの「ポレポレ英文読解プロセス50」までやるようにしましょう。


構文が終わったらいよいよ英文読解です。武田塾のルートにしたがってこつこつやっていきましょう。


各レベルに移行するときはつまずくことも多いかと思うので、単語、構文、文法とバランスよく力をつけていきましょう。


英語は長文を解き終えたら音読することを習慣にしましょう。何回も読む必要はないので、頭から訳しながら音読していくという事を復習の中に組み込みましょう。


英語は時間がかかる科目です。コツコツと諦めず、英語を楽しみながら乗り越えましょう。