池袋・練馬|大学受験の個別指導塾・予備校|武田塾池袋校

日本初!授業をしない、個別指導で大学受験突破を目指す逆転合格専門塾  東大・京大・早慶・国公立医学部に奇跡的な逆転合格を続出させる武田塾池袋校のブログです。普通の予備校や個別指導塾では難しい、偏差値を急激にあげるヒントが詰まっています。

カテゴリ:大学別受験対策 > 立教大学

こんにちは!武田塾池袋校講師の古寺です。
私は、現役時代MARCHの過去問を10年分解きました。
その中で見えてきた立教大学の入試傾向などを伝授できればと思います。

51FTW+TN9gL__AA160_

立教大学の英語は大問5つ構成で、長文2つはほぼ毎年出題されており、残りは会話文、文法、英文穴埋め問題、正誤など様々な形式が出題されます。時間は75分。

*長文について

立教の長文は大問1つにつき8~10問で選択肢は4つ。内容は以下のパターンです

①問題文の続きを埋める

②傍線部の単語の意味推測

③内容一致

④タイトル選択

特に難しいのはタイトル選択で、受験生の中でもかなり意見が分かれる問題です。
コツは全体に通ずるものを選ぶことです。
長文自体は3ページ程度。問題は長文の1~2パラグラフに1問なので段落を意識して読むとよいでしょう。

*会話文について
一問の会話量は3行~5行で比較的易しめに見受けられます。


*文法について
文法もセンター試験の大問2と同じか少し難しい程度です。


*英文穴埋めについて
出る時と出ない時が半分くらいなのですが、非常に厄介な問題です。
英文中に1単語抜けていてそこを推測しなくてはなりません。
選択肢がなく完全に流れと閃きなので思いつかなければ飛ばして最後に回すことをオススメします。

立教大学は配点も合格点も発表してませんが、自分の開示結果と自己採点を照らし合わせることである程度見えてきたので参考程度に載せておきます。

自分が3学部受け自己採点し開示した結果どうやら長文:その他は7:3みたいです。

その他の部分ですが、英文穴埋めは他よりも配点を高くしてるようです。

例 2015年法学部 異文化コミュ 経済政策 の場合

大問1 10問×7点
大問2 10問×7点
大問3  6問×2点
大問4   8問×3点
大問5   6問×4点 

計200点 

異文化コミュと法学部は200点満点で経済政策は150点満点というように学部によって配点が違いますが、これを元に圧縮して採点していると思われます。

あくまで参考程度にして頂ければ幸いです。

武田塾おすすめ!予備校一流講師の問題集・参考書

こちらにまとまってます♪

逆転合格の秘訣・科目別対策

こちらにまとまっています♪
もっと詳しく知りたい方は、無料受験相談をご予約下さい!
⇒お申込はこちらです
その場で「逆転合格カリキュラム」プレゼント!!

お問い合わせ

池袋初!逆転合格専門塾【武田塾池袋校】
大学受験は個別指導で逆転合格!
〒171-0022 
東京都豊島区南池袋3-16-8 
近代グループビルNO.6-7F
(池袋駅から徒歩4分)
TEL:0120-788-711
Mail:ikebukuro@takeda.tv
☆詳しいアクセス(行き方)⇒こちらです



 

こんにちは、池袋の個別指導塾・武田塾池袋校です。

今日は立教大学・経営学部
国語の出題分析と対策をまとめてみたいと思います。

★出題傾向
・例年大問数3題の出題。
・解答方式はマーク式・記述式の併用。
・試験時間は75分。
・大問5題の内訳は、現代文2題、古文1題という問題構成になる傾向あり。
・現代文は、2題とも評論からの出題が多いが、評論1題・随筆1題となった年度も。
・評論は文化・社会・言語・歴史・哲学・芸術など多彩なテーマでの出題。文章の難易度は様々。設問は、内容把握に関するものが多く、内容真偽が頻出問題。
・古文は、中古・中世の随筆や逸話からの出題が多い。
・古文の設問は口語訳・人物指摘・内容説明など、読解力を問う典型的な問題。



★対策
・立教大学 経営学部の現代文は、評論からの出題が多ので、ある程度の慣れが必要。新書や新聞の文化欄・社説などを読み、評論に慣れておくことが大事。

・比較的読みやすいもの、抽象度の高いもの、文章の難易度は様々。入試問題集などを使って難しい問題もやっておくと良い。

・選択肢に紛らわしいものを含んだ、やや難しい設問が多い。日頃から文脈を正確に読み取ることを心がけ、設問趣旨の把握、傍線部分析、本文中にある答えの発見、各選択肢文の答えのチェック等をどんな問題でも怠らないよう注意。

・古文は、現代文より易しい文章・問題が多い。基礎知識を身につけ、基本単語を覚えて語彙を増やしておくこと。

・古文の文章読解は、重要古語が鍵。よく覚えて注意を。また、主語述語・目的語、助詞・助動詞の活用に注意。



★立教大学の他学部・科目の対策を知りたい!こちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
武田塾池袋校では無料受験相談を行っています。
一人ひとり大切に相談させて頂く為に
完全予約制です。
それぞれ皆さんが思っている受験への不安を一緒に考えましょう。
無料受験相談を希望される方は
こちらまで
池袋校

池袋初!逆転合格専門塾【武田塾池袋校】
〒171-0022 
東京都豊島区南池袋3-16-8 
近代グループビルNO.6-7F
(池袋駅から徒歩4分)
TEL:0120-788-711
Mail:ikebukuro@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、池袋の個別指導塾・武田塾池袋校です。

今日は立教大学・経営学部
英語の出題分析と対策をまとめてみたいと思います。

★出題傾向
・例年大問数5題の出題。(※ただし2014年は大問数6に変更)
・解答方式はマーク式・記述式の併用。
・試験時間は75分。
・大問5題の内訳は、長文読解2題(これは必出)と文法・語彙問題3題、もしくは文法・語彙問題2題と会話文問題1題。
・長文の文章量は例年、かなりの文章量の英文。ややこしい表現があるため読解力を要する。
・文法・語彙、会話文問題は、おおむね標準的なレベル。


★対策
・立教大学 経営学部の英語は、例年、英文の文章量が非常に多く、速読力が必要。

・多くの英文を読み、読む際には全体の流れや要旨をまとめながら読み進める練習をし、速読力の増強を。

・時間に余裕は無いので一回読むだけで内容を読み取れるような訓練(長文読解用の問題集を繰り返し解く等)が必要。

・ケアレスミスは致命的。日頃から十分注意を。

・文法・語彙を問われる問題が多いので語彙力を高めておくことが重要。

・会話文問題は、口語表現特有の知識を要することがあるので注意。


★立教大学の他学部・科目の対策を知りたい!こちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
武田塾池袋校では無料受験相談を行っています。
一人ひとり大切に相談させて頂く為に
完全予約制です。
それぞれ皆さんが思っている受験への不安を一緒に考えましょう。
無料受験相談を希望される方は
こちらまで
池袋校

池袋初!逆転合格専門塾【武田塾池袋校】
〒171-0022 
東京都豊島区南池袋3-16-8 
近代グループビルNO.6-7F
(池袋駅から徒歩4分)
TEL:0120-788-711
Mail:ikebukuro@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、池袋の個別指導塾・武田塾池袋校です。

今日は立教大学・文学部
日本史の出題分析と対策をまとめてみたいと思います。

★出題傾向
・例年大問数2題の出題。
・解答方式はマーク式・記述式の併用。
・古代~現代まで出題。近現代は特に頻出。
・教科書より難易度の高い問題も出題される。
・史料問題では、空所補充や史料の読み込みに関する問題が出る。
・論述問題も出題。
・マイナー事項のテーマ史が頻出。


★対策
・問題数が多く、試験時間は十分とはいえない。素早く正確に解いていくことが求められる。

難問はあるが、標準的な難易度の問題が大半を占めるので、基本事項の徹底学習が一番の基本。教科書の精読だけではなく、脚注、写真、図表などの細かい記述も読み込みを

・数十字の記述問題が出題される可能性も有る。出来事・用語だけでなく、内容まで理解し、簡潔に説明できるように。漢字で書くべき用語をひらがなで書いたり、漢字を間違えたりすると、得点にはつながらない。ケアレスミスに注意を。

マイナーな事項のテーマ史が頻出なので時代の枠組みだけでとらえるのではなく、大きな流れで全時代をとらえることが必要。出題形式が似ているので、志望学部以外の過去問も参考にすると良い

・どんな視点から問とわれても、パッと流れが浮かぶように事件や重要出来事の相互関係を意識して、ストーリー性を持たせて覚えるようすることが大事。日本史の流れを完全に頭に入れておけば、変わったテーマ史を解くことが可能になる。

・近現代史は、学習時期が遅く手薄になりがち。にも拘わらず、重要事項も多く、歴史の流れが重要事項の相互関係も複雑なため、短時間で完成させようとしても難しい時代なので、早い段階で自主的に学習を進めておくことが大切。


★立教大学の他学部・科目の対策を知りたい!こちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
武田塾池袋校では無料受験相談を行っています。
一人ひとり大切に相談させて頂く為に
完全予約制です。
それぞれ皆さんが思っている受験への不安を一緒に考えましょう。
無料受験相談を希望される方は
こちらまで
池袋校

池袋初!逆転合格専門塾【武田塾池袋校】
〒171-0022 
東京都豊島区南池袋3-16-8 
近代グループビルNO.6-7F
(池袋駅から徒歩4分)
TEL:0120-788-711
Mail:ikebukuro@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、池袋の個別指導塾・武田塾池袋校です。

今日は立教大学・文学部
世界史の出題分析と対策をまとめてみたいと思います。

★出題傾向
・例年大問数2題の出題。小問は50ほど。
・解答方式はマーク式・記述式の併用。
・古代~近現代からの出題。西洋史、東洋史共に出題。
・人名や地名などの基本事項を問う問題や正誤判断問題が出題。
・記述式問題は、基本事項を問う問題や論述問題が出る。
・論述問題は1~2行程度でまとめる短文論述。
・金融・音楽等マイナー事項のテーマ史が頻出。


★対策
・問題数が多く、試験時間は十分とはいえない。素早く正確に解いていくことが求められる。

難問はあるが、標準的な難易度の問題が多い。基本的な事柄を徹底的に覚えることが大切

・数十字の記述問題が出題される可能性も有る。出来事・用語だけでなく、内容まで理解し、簡潔に説明できるように。漢字で書くべき用語をひらがなで書いたり、漢字を間違えたりすると、得点にはつながらない。ケアレスミスに注意を。

通年史では扱う時代が長く、複数の国や時代が入り混じる。歴史の流れと因果関係の把握をすることが大切。出題形式が似ているので、志望学部以外の過去問も参考にすると良い

・テーマ史の今までの問題は『コーヒーをめぐる世界史』、『第二次世界大戦』、『情報の記録・伝達の歴史』など。教科書や図説を参考に、年代別に複数の国をまたいで歴史の流れをまとめておくことです。

・近現代史は、近現代史は学校でもあっさりと扱われることが多く手薄になりがち。にも拘わらず、重要事項も多く、歴史の流れが重要事項の相互関係も複雑なため、早い段階で自主的に学習を進めておくことが大切。二次大戦後の歴史も把握しておくことが重要。


★立教大学の他学部・科目の対策を知りたい!こちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
武田塾池袋校では無料受験相談を行っています。
一人ひとり大切に相談させて頂く為に
完全予約制です。
それぞれ皆さんが思っている受験への不安を一緒に考えましょう。
無料受験相談を希望される方は
こちらまで
池袋校

池袋初!逆転合格専門塾【武田塾池袋校】
〒171-0022 
東京都豊島区南池袋3-16-8 
近代グループビルNO.6-7F
(池袋駅から徒歩4分)
TEL:0120-788-711
Mail:ikebukuro@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

このページのトップヘ